菊鹿ファームステイ

instagram

◯◯で遊ぶ

涼を求めて渓谷へ。山鹿が誇る“2大避暑地”

眺めるも、遊ぶも良し。 深緑と水流の爽快な夏景色

盛夏いよいよ到来といった炎天の7月某日。うだる暑さと喧(かまびす)しい蝉時雨を一身に浴びながら編集部が向かったのは、山鹿市鹿北町の『岳間渓谷』です。山鹿市中心部から車を走らせること約30分。徐々に狭まる山道を行くと密集する杉木立ちが濃い影をつくり、眼下の角ばった岩間からは清らかな山水がどうどうと音を立てて流れ下っていきます。

麓の猛暑が嘘のような涼しさを保つ同渓谷は、熊本、福岡、大分の県境にまたがる国見(くにみ)山を源流とする岩野川の上流に位置します。広葉樹林が水流を取り囲む一帯はネイチャーハイキングはもとより、駐車場近くにある親水広場は誰もが自由に出入りでき、冷水に足をつけて涼をとったり、岩場で一休みしたりと思い思いの時間を過ごすことができます。一方、親水広場からおよそ50メートル下流には『金原つり橋』があり、橋からは周囲の木々とのコントラストが美しい『金原の滝』を眺めることもできます。まさに避暑地と呼ぶにふさわしい渓谷。あるがままの自然を今に残す場所とあり、夏季のみならず、四季折々に変化する景観も見事です。とりわけ秋は紅葉も美しく、春夏の深緑とは異なる趣を感じられます。

一方、昨今のキャンプブームも後押しとなり、渓谷脇のキャンプ場(=『岳間渓谷キャンプ場』)を利用する人も増えています。杉木立ちに囲まれた丘上にあるキャンプ場は、一通りのキャンプツールを備えたロッジとともに、テントサイトも充実。テントサイトまでは車で移動できるので、準備に時間をかけることなく自然遊びを満喫できます。

「遊べる渓谷」は菊鹿にも!

『岳間渓谷』からほど近い距離にある『矢谷渓谷』(山鹿市菊鹿町)は、八方ヶ岳、国見岳に囲まれた渓谷で、菊池川の支流である木野川・内田川が入り組む天然の川遊びスポットです。毎年多くの家族連れで賑わう同渓谷の目玉は、渓流に身を任せて曲がりくねった岩場の合間を滑り落ちる天然の滑り台。傾斜のある角度から滑るウォータースライダーは大人でもスリルを感じるほど。子どもと一緒に愉しむという点でも一級のアウトドアコンテンツが揃っています。また、渓谷の新たな遊び場として生まれた『奥矢谷マザーネイチャーきらり』では、渓谷の水を引き込んだ種々のプールやスライダーが充実。宿泊もできるキャビンを利用することもオススメです。渓谷周辺にはヤマメやマスなどの養殖場があり、釣り堀をはじめ、現地の川魚料理を味わえるお店もあります。

大自然に抱かれた山鹿の“2大避暑地”『岳間渓谷』と『矢谷渓谷』。都会では味わえない圧巻の自然環境を前に、今夏は在りし日の冒険心を呼び覚ます体験をしてみませんか。

岳間渓谷
熊本県山鹿市鹿北町多久3529-5
駐車場 50台(岳間渓谷キャンプ場)

矢谷渓谷
熊本県山鹿市菊鹿町矢谷2005-2
駐車場 230台

FARMSTAY REPORT

FARMSTAY REPORT 農泊プロジェクト TOPICS

菊鹿農泊のリアルな魅力満載のレポート。
菊鹿をはじめ周辺地域の
ホットな情報も合わせてチェックしてね!

note

さぁ、またとない農泊体験をご一緒に

菊鹿農泊体験モニターツアー

週末ローカル暮らし(観光・宿泊)PRモニターを募集しています。
本企画では、農泊体験いただく皆さまのリアルな体験を通して、
山鹿市菊鹿町の様ざまな魅力に直に触れていただきます。
企画詳細は、下記サイトからご確認ください。
https://urban-local.com